エイジングケアで注目されている幹細胞化粧品ですが、使われている幹細胞の種類によって、得られる効果が異なります。

ここでは、人気の幹細胞「ヒト由来幹細胞」と「植物幹細胞」を使用した化粧品に期待できる効果を紹介します。

再生医療から美容・エイジングケアへ応用

再生医療の現場では、幹細胞がもつ「分化能」(さまざまな細胞に変化できる能力)と「自己複製能」(自分と同じ能力を持った細胞をコピーさせる能力)を利用し、治療に役立てられています。

この再生医療でのノウハウを応用し、美容やエイジングケアを目的にしたものが幹細胞化粧品です。

ヒト由来幹細胞と植物由来幹細胞とで、期待できる効果が異なるため、原料の種類による違いについて見ていきましょう。

ヒト幹細胞培養液の効果

ヒト幹細胞培養液は、人間の幹細胞を培養する際に得られる成分です。この培養液には、アンチエイジングに効果を発揮する成長因子が数多く含まれています。

エイジングケアで注目の成長因子

別名「グロースファクター」とも呼ばれるもので、細胞の成長を促進させる物質として知られています。ちなみに、ヒト幹細胞培養液には下記のような成長因子が含まれています。

ヒト幹細胞培養液に含まれる主な成長因子

EGF(表皮細胞成長因子) お肌のターンオーバーを促進し、シミ・くすみを改善させる
FGF(線維芽細胞成長因子) コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを増やす
PDGF(血小板由来成長因子) コラーゲンなどの産生・増殖に関わる「線維芽細胞」の増殖を促進させる
TGF-β(トラスフォーミング成長因子) ニキビなどの炎症を抑える「抗炎症効果」などがあり、肌質改善役割をもつ
VEGF(血管内皮増殖因子) 新たな血管を作り出す上で大きな働きをもつ

ヒト幹細胞培養液には、成長因子などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)が数多く含まれているため、年齢を重ねるごとに増えていく、お肌の悩みを総合的にケア出来るのが魅力です。

こんなお肌の悩みを持つ方にオススメ

ヒト幹細胞培養液を配合した化粧品は、下記のような悩みを持っている方にオススメです。

お肌のハリ・ツヤを蘇らせたい方

ヒト幹細胞培養液は、肌の奥にある真皮幹細胞に働きかけ、コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンの産生を促します。肌の内部から、弾力やハリ、ツヤに関わる成分を産み出せるのがヒト幹細胞培養液の化粧品の魅力です。

シワ・シミが気になる方

ヒト幹細胞培養液には、老化の原因となる活性酸素を除去する、抗酸化成分SODが含まれています。さらに、EGFによるターンオーバーの促進。お肌に弾力を与えるヒアルロン酸やコラーゲンの産出などの働きにより、お肌のシワやシミを集中的にケア出来るのも魅力です。

透明感のある肌を求める方

肌のターンオーバーを促すEGFに加え、血行を促進するVEGF等の働きによって、肌のくすみを改善し、透明感のあるお肌をもたらしてくれます。

植物幹細胞エキスの効果

植物幹細胞にはどのような効果が期待できるのでしょうか?

安全性が高く、スキンケア効果もバッチリ

天然植物由来の幹細胞エキスは、低刺激で安全性も高いうえ、スキンケア効果をしっかり実感できるのが魅力です。

植物が持つ「抗酸化作用」でエイジングケア

植物幹細胞は、ヒト幹細胞培養液に含まれるサイトカインのような情報伝達物質こそ含有しませんが、高い抗酸化作用を持つのが特徴です。

さらに、使用されている植物によって、得られる効果も異なるため、リンゴやアルガンなどの植物幹細胞を組み合わせることで、保湿や血行促進、抗炎症といった働きも期待することが出来ます。

アレルギーのリスクが少ない

動物由来の幹細胞だと、どうしてもアレルギーや拒絶反応のリスクがありますが、植物由来だとその心配がほとんどありません。

安全性が高いうえ、スキンケア効果もしっかり実感できるので、安全性を重視するなら植物幹細胞を使用した化粧品がオススメです。

こんなお肌の悩みを持つ方にオススメ

敏感肌、刺激に弱い

植物由来幹細胞エキスは、ヒト由来幹細胞よりもお肌に優しいといわれています。そのため、市販のコスメで赤みが出るなどお肌が敏感な方にも使いやすいです。

老化の原因となる酸化を食い止めたい

植物幹細胞の魅力は、何といっても高い抗酸化作用です。

日々のストレスや紫外線、飲酒などで発生する活性酸素は、肌を酸化させてしまい、シミやシワ、たるみなど、老けて見える原因となります。

そんな美容の天敵ともいえる活性酸素に対抗することで、年齢肌の悩みをケアしていくことが出来ます。

コスパの良いエイジングケアをしたい

ヒト幹細胞培養液を使用している化粧品は、効果が高い反面、価格が高額なものが多いです。

その点、植物幹細胞の化粧品は比較的低価格。コストパフォーマンスで選ぶなら、間違いなく植物幹細胞を配合した化粧品です。

まとめ

ヒト由来幹細胞と植物由来幹細胞に期待できる効果を紹介しました。

アンチエイジング効果の高さで選ぶならヒト幹細胞培養液を配合した化粧品。逆に、安全性を重視し、コスパで選ぶなら植物幹細胞の化粧品が適しています。

求める効果とコストを比べ、ご自身のお肌の悩みに応じて、どちらの幹細胞化粧品を選ぶかを決めるようにしましょう。